読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田村憲孝の日記

完全日記ブログ。

出版することの最大のメリットとは

こんばんは。田村です。

おかげさまで、先月4冊目の著書を出版させて頂きました。詳しくはこちら。

>>田村憲孝 著書 プロフィール

 

3冊目を出した頃から、よく聞かれることが多くなりました。「出版したいんですけどどうやったらいいんですか?」と。

僕はいつもこう答えます。「僕の言うことを聞いていればいいのです。500万払えば教えてあげます。どうします?」と。(うそ) 。。。。。

 

僕は幸い、自費出版でも電子書籍でもない書店に並ぶ書籍を書くことができました。出版前と出版の後で大きく変わったことがあります。

 

それは、自分のことを初めてお会いした方にお伝えする時です。

それまでは「ソーシャルメディアとかiPhoneの活用法とかのコンサルをやってるんです。」というような、よくわからない表現しかできませんでした。

今は「こんな本を書いてるんです」と言えば僕がやっていることを大体ご理解頂くことができます。

 

このメリットは実際に出版するまではわかりませんでした。こういうことがあるんだったらもっと早くに真剣に出版に向けて動いていれば良かったと後悔しているぐらいです。

でも、僕自身が出版するための必勝法やノウハウをお伝えすることなどできません。僕は出版業界に身をおいたことは無いからです。

 

よく1〜2冊出版した著者さんが出版セミナーとかを開いていらっしゃいますが、いったい何を喋ってるのか疑問です。著者なんかに出版の方法がわかるわけが無いのです。

できるのはその人固有の「体験談」だけのはずです。あなたがそれを聞いたところで何の参考にもなりません。

 

はい、ここから僕の体験談。

 

こちらで聞いたことをそのまんまやりました。以上。

やっぱ、業界事情に精通した人に聞いて動くのが最短経路です。ちょっと考えたらわかることなんですけどね。

こちらの方と会わなければ、僕は一体今頃何をしていたかわかりません。出版を夢見て高額悪徳コンサルタントに騙されていたか、出版社に読まれることもない企画書を送り続けて時間を浪費していたか。あるいは出版に縁の無い人生を送っていたか。

 

出版したい人は絶対に行ってみてください。ありえない高額な初期費用とかを取られることはありません。出版が実現した時にこちらのプロデューサーさんにも著者にも初めてメリットが発生する仕組みを取っておられます。

 

全国各地で開催されています。

>>田村が4冊の出版すべてお世話になった編集プロダクションのセミナー

 

興味と覚悟があるあなた、どうぞ。

 

田村でした。